被災者の心のケア

被災者の心のケア
「感情の処理」について、簡単に説明します。

被災者は、強い悲しみに支配されているはずです。

家族や家、生まれ育った町を失うのですから
当然のことですね。

しかし、「こんな時だから泣いてはいられない」
と気丈に振舞おうとする方も多いと思いますが、
「大きなストレスを受けた後の感情は、表に出した方が良い」
のです。

つまり、悲しみがこみ上げて泣きたいときは、
泣いたほうがいいのです。

脳科学的にも、涙を流すと
セロトニンが分泌され癒しの効果が発揮されます。

悲しみ以外にも、怒りや不安、イライラなど
様々な感情が複雑に湧き上がると思いますが、
そうした感情も押し込めずに、表現したほうがいい。

周りの人たちは、それを受け止めてあげるのが
望ましいということになります。

被災直後の感情を無理におしこめると、
それがより大きなストレスになり、
場合によってPTSDの原因になる場合もあります。

泣きたいときは思いっきり泣き、
笑いたいときは思いっきり笑うことです。

感情を開放して放出してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Header Goes Here Make it effective and short

  • List Item #1
  • List Item #2
  • List Item #3

Sub- Heading Text Goes here Tease them