安物は嫌い

顧客は安物を買いたいとは思っていない。
安いものは好きだが、安物は嫌いなのです。

つまり、単純に値段を下げれば売れやすくなるからといって
クオリティーまで下げてしまっては、安くなるではなく
安物になってしまうので意味が無いのです。

販売数を増やして利益を上げたいのであれば
クオリティーを維持したままで値段を下げる必要があります。

もしくは、値段を上げるのであれば
さらなる価値を付加すれば良いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Header Goes Here Make it effective and short

  • List Item #1
  • List Item #2
  • List Item #3

Sub- Heading Text Goes here Tease them